塗装工事のポイント

絶対に失敗しない外装塗装工事。
当社が自身を持ってお話できる8つのポイント。

01依頼する業者が近いこと

“すぐに来てくれる”、“近くにいる”という安心感は絶大です。
これは重要です!

02社歴が10年以上あること

日本企業の平均は6、7年と言われております。よくある保証10年という言葉とは明らかに矛盾が生じています。
何かあっても会社がなくなっていれば泣き寝入りするしかありません。
そうならないためにも、信頼と実績がある会社を選択するのがベストです。

03塗料の出荷証明の提出に応じてくれること

契約前に説明を受けた塗料と実際に使用している塗料とが、一致しているかどうかは、塗料メーカーが発行している出荷証明で確認できます(メーカーの印鑑が押されたもの)。
「出荷証明」という言葉を出した後の業者の反応だけでも、良し悪しを判断できます。

04作業工程が適正であること

通常、外壁塗装の場合、最低でも1週間はかかります(通常は7~14日間)。 2~3日で作業が終わる会社は、まず信用できません。
又、天候に関係なく施工する業者も信用できません。
特に外気温度が5度以下の場合に施工するのは、業者側の都合でしかありません。
※当社では1月や2月の外部の塗装はお断りさせて頂く場合もございます。

05価格が適正であること

契約を取りたいために、やたら値引きをする会社があります。
一瞬、得をした気持ちになりますが、必ずどこかで手を抜いてきます。
塗料を変えたり、作業工程を飛ばしたりあらゆる手段を使ってきます。
あまりにも安い価格や値引きを何度もしてくる業者は要注意です。

06ご契約・工事の着工、お支払いをやたらと急がせない

理由もなく契約を迫る会社、早く施工したがる会社やお支払いを急ぐ会社は要注意です。
会社の資金繰りに困っているかもしれません。そんな会社に大切な作業を任せるのも危険です。

07他社の悪口を言わない

当社もそうですが、他社様の事はハッキリとはわかりません。
ハッキリとわからない事に対して、良くも悪くも言えないのが通常であります。
他社の事を悪く言って、契約を取りたがる会社は要注意です。

08担当営業マンと一生お付き合いできる会社である

大変な工事を依頼するわけですが、それなりの相性も必要となってきます。
後々もしっかりとみてくれる営業マンに依頼することが大切です。

関連ブログ記事