良い塗装工事とは?悪い塗装工事とは? / 宇陀市・橿原市・津市の外壁屋根塗装スマイルがお伝えします その3

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

さて早速続きです。

 

 

 

前回の工程の詳細についてお話します。

 

 

 

以下が弊社で使用しています工程です。

 

 

345

 

 

ここで重要なところは

②の洗浄、

③の下地の調整、

④の下塗り塗装(1回目の塗装)

です。

 

 

 

 

 

②の洗浄でいかに丁寧に洗うかで

塗装のノリ具合が変わります。

何十年もの汚れが付いたまま塗装しても良くありません。

 

 

 

 

 

③の下地の調整は、

幅0.5ミリ、深さ20ミリ以上のクラック(傷)があれば、

雨水の浸入の恐れがありますので

それを埋めなければなりません。

(ちなみに弊社では傷の穴埋めとして、

シーリング剤はオートンイクシード15+を

使用しております。

通常のシーリング剤は10年未満ですが

これは20年以上も持つシーリング剤です。)

 

 

 

 

④の下塗り塗装(1回目の塗装)は

1番大切と言っても良いです。

 

 

 

 

訪問販売業者の手抜きの

対象にもなっています。

 

 

 

 

なぜかと言いますと、上に重ねて塗ってしまえば、

もしくは塗ったことにすれば、

下塗りをしたかどうかは、

一般の方にはわからないからです。

 

 

 

 

この下塗りの役目は

既存壁と新しい塗料の接着剤と

下地の強化であります。

 

 

 

 

つまりこの工程を抜くと

新しい塗料の本来の効果は全く発揮できません。

 

 

 

具体的には、

汚れが浮いてきたり、

壁一面にマダラ模様ができたり、

なかには塗装する前よりもひどくなった家もあるようです。

 

 

 

 

 

厄介なのが、

この工程を飛ばしたかどうかが分かるのが

早くて半年後、

長かったら2~3年後ですので、

その時には会社が無くなっていることも・・・

 

 

 

 

 

 

ですので下塗りは

1番大切な工程とも言われています。

 

 

 

 

 

346

 

 

 

ここで重要なのは⑨のケレンです。

外壁以外でも塗装前の清掃、

ケレンは省略されやすいからです。

(恐らく面倒くさいからだと思います)

 

 

汚れているまま塗装しても長持ちしません。

 

 

 

 

⑩下塗り(錆止め)です

これも長持ちさせる上では重要なポイントです。

 

 

 

 

 

347

 ここで重要なのは⑫の完成検査です。

職人といえども抜けはあるものです。

監督がいかにフォローするかで、

その家の仕上がりや長持ち度合いが変わってきます。

 

 

 

 

どの業者もいちようこのような工程で進めるかと思いますが、

1つ1つの工程をどれだけ丁寧にするか

どれだけ正確にするかは職人しだいになります。

 

 

 

 

口ではきっちりやります!

間違いないです!

と言われても、

丁寧にしない職人や業者もたくさんいます。

 

 

 

 

 

前回お話しさせてもらったように

良い職人がいることと、

管理体制がしっかりしている業者に頼みましょう。

 

 

 

 

 

外壁塗装工事は値段で選んで

失敗している人もたくさんいます。

次回はその辺りについてお話しますね。

 

 

 

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 


記事一覧へ