橿原市 耐久性20年の断熱セラミックガイナを屋根に塗装

奈良県橿原市U様の屋根塗装工事の詳細です。

今回は耐久性が15年~20年の断熱セラミックガイナをスレート屋根に塗装します。

また夏は涼しくなる遮熱効果、冬は暖かくなる断熱効果、防音効果がある塗料でも有名。

長持ちして多種な効果が得られる塗料ガイナ(GAINA)を塗っていきます。


目次1 足場、高圧洗浄、養生シート張り

目次2 下塗りに水性カチオンシーラーを2回塗装

目次3 雨漏り防止に屋根に縁切り部材タスペーサーを付ける

目次4 断熱セラミックガイナ(GAINA)をスレート屋根に塗装

 


 

目次1  足場、高圧洗浄、養生シート張り
 

まずは足場です。

奈良県橿原市 屋根外壁塗装用足場

続いて洗浄です。

奈良県橿原市 屋根外壁洗浄

洗浄後です。

奈良県橿原市 屋根洗浄後1

 

奈良県橿原市 屋根洗浄後2

 

奈良県橿原市 屋根洗浄後3

数十年間の苔や汚れを洗い落としました。

ここまで綺麗にしてこそ次に塗る塗料の密着性が上がってきます。

逆に汚れたまま塗装をすると数年で塗膜が剥がれてきます。

よくトラブルになっていますので注意しましょう。

次に養生シートを張ります。

奈良県橿原市 養生シート張る1

 

奈良県橿原市 養生シート張る2
 

目次2  下塗りに水性カチオンシーラーを2回塗装

では下塗り塗装です。

今回の下塗り材は日本ペイント水性カチオンシーラーです。

では塗装していきます。

奈良県橿原市 スレート屋根下塗り塗装1回目1

1回目なのでたっぷり塗ります。

築20年以上で今まで無塗装ですので吸い込みが多いです。

分かり易く言うと栄養が足りていないので、ドンドン塗料を吸い込む状態です。

奈良県橿原市 スレート屋根下塗り塗装1回目2

1回目が終了しました。

しばらく乾燥させます。

次に2回目の下塗り塗装です。

奈良県橿原市 スレート屋根下塗り塗装2回目1

2回目ですので軽く塗装します。

1回目をたっぷり多めに塗りこみましたので吸い込みが少ないためです。

奈良県橿原市 スレート屋根下塗り塗装2回目2

これで下塗り2回目が終了しました。

2回で吸い込みが無くなりました。もしこれ以上吸い込みがあればもう1回塗装します。

それは吸い込みがある状態で主剤のガイナを塗ると色ムラができて、

結果的には劣化の速度を早めてしまうからです。
 

目次3 雨漏り防止に屋根に縁切り部材タスペーサーを付ける

スレート屋根は下記のように重ねるようにして設置していきます。

少なくても2枚、多ければ3枚のスレート屋根が重なっている箇所も出てきます。

三重県名張市O様 スレート屋根を葺く6

そのスレート屋根の塗装前に縁切り材のタスペーサーを入れます。

タスペーサーはスレート屋根と屋根の重なり代に入れます。

奈良県橿原市 屋根塗装前にタスペーサーを入れる

これを入れる目的は雨漏り防止です。

新しいスレート屋根は屋根の重なり代にわずかなすき間があります。

スレート屋根(瓦)のすき間

これは万一屋根の中に雨水が浸入しても、そのすき間から抜け出しやすくするためです。

そうすることで雨漏りを防ぐことができます。

ところが屋根塗装をすると、そのスレート屋根の重なり代に塗料が引っ付くことが多く、

元々あったすき間が埋まってしまうことがあります。

奈良県橿原市 スレート屋根塗装後に塗料が引っ付く

(タスペーサーのメーカーの株式会社セイムのHPの写真抜粋)

そうなると浸入した雨水は外へ出ることができずに下へ下へと流れていき、

結果雨漏りになっていく可能性が高くなります。
塗料が引っ付いたスレート屋根の重なり代を剥がしてみると

奈良県橿原市 スレート屋根塗装後の雨漏り1

このように溜まった雨水が流れてきます。

奈良県橿原市 スレート屋根塗装後の雨漏り2

最悪の事態だとこのように下地を腐らせます。

奈良県橿原市 スレート屋根塗装後の雨漏り3

これが酷くなると、下地全体や柱といった構造体まで腐らせることになります。

それに気づいたときには手遅れという場合もありますので、十分に注意しましょう。


では工事に戻ります。

奈良県橿原市U様 縁きり部材タスペーサーを入れる1

スレート屋根の端から15センチの箇所に入れます。

端に入れたり、真ん中に入れるとかえってスレート屋根が割れることもありますので入れる箇所も注意が必要です。

奈良県橿原市U様 縁きり部材タスペーサーを入れる2

タスペーサーを入れても外れるくらいすき間が開いている場合は取り付けできませんが

それ以外はだいたい1枚のスレート屋根に付き2箇所入れます。

使用したタスペーサー

奈良県橿原市U様 縁きり部材タスペーサー2

これで屋根塗装をしても塗料が引っ付くこともなく雨漏りも防げるので安心できます。

 

目次4 断熱セラミックガイナ(GAINA)をスレート屋根に塗装

今年省エネ大賞を受賞した断熱セラミックガイナ(GAINA)をスレート屋根に塗装します。

前回までに下塗りのシーラーを2回塗って、下地調整を十分にできた状態でガイナを塗ります。

1回目のガイナ塗装。

奈良県橿原市 ガイナ塗装1

乾燥させて2回目のガイナ塗装。

奈良県橿原市 ガイナ塗装2

スレート屋根全体にガイナを塗装。

奈良県橿原市 ガイナ塗装3

 

奈良県橿原市 ガイナ塗装4

 

奈良県橿原市 ガイナ塗装5


弊社はガイナの奈良県の提携施工店となっておりますので数多く使用させてもらっています。
断熱セラミックガイナ(GAINA)はジャクサ(JAXA)が宇宙ロケットの先端部に塗布する

断熱セラミックガイナ ロケット

断熱技術を開発し、それを民間転用されたものです。

断熱効果と遮熱効果の両方が得られる塗料で、

15年から20年も耐久性がある高耐久塗料です。

年々ガイナの実績や効果が認められて、寺社仏閣、公共バスや電車、船や工場等々の

あらゆる施設で施工実績があります。

今テレビやメディアにもたくさん取り上げられている注目の塗料です。

先日も羽鳥さんのモーニングショーで放映されていました。


これで今日は終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ