橿原市 外壁に30年以上長持ちするシーリング材で修理

奈良県橿原市Y様の外壁塗装工事です。

外壁がモルタル壁のため経年するとひび割れしてきます。

そこから雨漏りするのでシーリング材で埋めておきます。

これも大切な下地処理の1つです。


まずはシーリング前にプライマーを塗ります。

接着剤の役割を果たすので手抜きできません。

橿原市 シーリング前のプライマー塗布

シーリング材を充填します。

橿原市 シーリング材を充填

弊社ではオートンイクシードを使用しています。

通常のシーリング材は数年で劣化しますが、このオートンは30年以上も持ちます。

少し高いですがコスパは抜群ですので標準で使用しています。

橿原市 シーリング材を充填 完成

これで完成です。


以下はメーカーのオート化学の実験結果です。

まずは圧縮実験です。

exceed_taimuubumento

実験上は30年持つことが証明されました。

地震の多い日本は振動で家が揺れます。

その時に外壁の弱い箇所からひび割れが入ってきます。

その弱い箇所に予めオートンイクシードを充填すると

その揺れにもある程度追随してくれて、

ひび割れを起こしにくい状況を作ってくれます。

exceed_hippari

普通のシーリング剤は4倍、オートンイクシードは10倍伸びます!

地震の多い日本では、少しの揺れで亀裂やヒビが入ります。

この伸縮してくれる効果はそれをできるだけ防ぎます。

 

対候性(紫外線等)の実験

exceed_swom

 

exceed_seinou_matrix

ここまでこだわったシーリング剤だからこそおススメしたいのです!!!

ちなみに弊社では標準でこのオートンイクシードを使用しております。

目に見えにくいところですが、少しでも長持ちするように配慮しております。


今日はこれで終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ