奈良県・三重県で長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を利用してリフォームをするなら森田工務店へ その1

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

去年と同様にこの補助金制度を利用して

 

リフォームができる制度が始動します。

 

 

文書1_2

  

 

 

受付開始は4/1からです。

 

 

 

 

恐らく混雑が予想されるので、

 

少しでも早くかつ正確に情報をお伝えしようと思います。

 

 

 

 

 

そしてご興味のある方々は乗り遅れないようにしてください。

 

 

 

 

 

すごくお得な制度ですので。

 

 

 

 

 

何がお得かと言いますと、

 

ある一定の条件を満たすとリフォームをするときに

 

最大で250万円までの補助金が国から交付されるんです。

 

(ただし工事金額の1/3が限度です)

 

 

IMG_1647

 

めちゃ得です。

 

 

 

ただし最高額の250万円までの補助金をもらうまでのリフォームをするとなると、

 

建て替えクラスに近いリフォームですので、

 

現実的には100万円前後~200万円の間の補助金の交付が多いようです。

 

 

 

 

それでもかなりお得です。

 

 

 

 

 

この事業を簡単に言いますと、

 

今の家を長持ちさせるようなリフォームをするなら

 

国が援助をしますよっていうことです。

 

MX-2514FN_20160317_102443_1

 

 

 

 

この“長持ちさせる”がポイントです。

 

 

 

ポイントは5つに分かれます。

 

 

①補助金は工事費の1/3が限度です。

 

(工事費の全額が対象にはなりません。)

 

 

 

 

②補助金の最高額が250万円です。

 

250万円の補助金を受けるには750万円以上の工事が必要です。)

 

 

 

 

③補助金の対象工事がある程度決まっている。(詳細は後でお話します)

 

 

 

 

④工事前にはインスペクション(専門の診断士による建物調査)と

 

工事後の維持管理計画書の提出が義務です。

 

 

 

 

⑤補助金交付決定通知後でないと工事の着手ができない。

 

(急ぐ方々にはオススメできません)

 

 

 

 

ではどんな工事が補助金の対象になるかと言いますと

 

 

MX-2514FN_20160317_102338_1

 

 

 

❶劣化対策工事

 

床下の環境を改善する→シロアリ駆除、土壌整備

 

201502_siroari_1_uegami

 

床下の湿気が多くなるとシロアリが来る可能性が上がります。

 

シロアリは柱や土台を食べていきますので、家の大敵です。

 

床下は5年に1回の点検し、10年に一度の薬剤散布が望ましいです。

 

 

 

 

 

またユニットバス化工事も対象に入ります。

(さらに高断熱浴槽にすると補助金の対象金額が上がります。)

 

4ユニットバス完成

 

 

 

在来のタイルの浴室は経年劣化で床下への水漏れが多くなり、

 

柱や土台を腐らせる原因になります。

 

湿気のある木材はシロアリの餌になりやすいので、

 

更に劣化の速度を早める要素になります。

 

 

 

 

 

❷耐震工事

 

柱や壁や金具の補強工事が多いです。

 

 

文書3_1

 

 

大規模から小規模の耐震工事まで様々あります。

 

ただ補助金対象の最低基準は高くありませんので、

 

既に基準に達している住宅も多いかと思います。

 

 

 

 

この❶と❷の基準が両方とも、ある基準以上でないと補助金は交付されません。

 

まずこれが必須ポイントになります。

 

(既に達している住宅の工事の有無は問われません。)

 

MX-2514FN_20160317_102314_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❸省エネルギー対策工事

 

断熱性能を上げることです。

 

例えば窓サッシのガラスをペアガラスに変える工事、

 

窓サッシの内側に二重窓を設置する工事

 

securedownload1

 

 

 

❹維持管理・更新の容易性

 

 

 

この❶~❹の工事を特定性能向上工事と言います。

 

 

この特定性能向上工事の工事費用が全ての基準に反映されます。

 

次回は具体的な工事例と金額例を交えて、お伝えさせて頂きます。

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 


記事一覧へ