名張市 雨漏り修理に保証15年ガルバリウム鋼板屋根使用

三重県名張市N様の雨漏り修理工事です。

 

 

 

 

 

 

40年以上前に茅葺き屋根の上に屋根を重ねて葺いたものが、

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ傷み出して、屋根がずれてきて、

 

 

 

 

 

 

そこから雨漏りしてきました。

 

 

 

 

 

 

目次1  屋根からの雨漏り調査

 

 


目次2 下地造作と防水シート張り

 

 


目次3 保証15年のガルバリウム鋼板の屋根材を張る

 
 
 

 

 

 


 

目次1  屋根からの雨漏り調査
 
 
 
 
 
 
 

普通の雨でも漏ってくると連絡があったので

 

 

 

 

早速訪問しました。

 

 

奈良市 雨漏り調査1

 

 

 

 

大きな隙間が開いています。

 

 

 

 

奈良市 雨漏り調査2

 

 

 

 

さらに近づいて見ると

 

 

 

 

奈良市 雨漏り調査3

 

 

 

 

 

 

 

奈良市 雨漏り調査4

 

 

 

 

 

 

全体的にずれています。

 

 

恐らく屋根の重みで下に下がっていると考えられます。

 

 

奈良市 雨漏り調査5

 

これでは雨漏りしますね。

 

 

 

 

 

反対側の屋根です。

 

奈良市 雨漏り調査6

 

去年違う業者で屋根の修理をしてもらったそうです。

 

 

 

恐らく同じように屋根が下がっていたのでしょう。

 

 

 

 

急勾配の屋根に重い屋根を乗せると

 

 

 

 

このように下がることがあります。

 

 

 

 

本来なら屋根の葺き替えを提案したいところですが、

 

 

 

 

反対側の屋根を修理されたところですので、

 

 

 

 

 

今回は同じような修理の提案をしました。

 
 

 

 

 

 

 

 


 
 

目次2 下地造作と防水シート張り
 
 
 
 
 
 

最終的には金属屋根(ガルバリウム系鋼板)

 

 

 

 

 

を張り付けますので、

 

 

 

 

 

 

そのための下地を造作していきます。

 

 

 

 

 

 

まずは足場の組立。

 

奈良市 雨漏り修理用の足場

 

 

 

 

 

 

穴が開いていた箇所に下地を造っていきます。

 

奈良市 屋根の下地造作1

 

 

 

 

 

屋根の勾配がきついため屋根に

 

 

 

 

足場を組んでもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

奈良市 屋根の下地造作1

 

 

 

 

 

この下地の造作の中に乾式自在面戸を入れました。

 

奈良市 屋根の下地の中に防水シートを張る

 

 

簡単に言えば、

 

 

 

 

 

防水効果の高い伸縮タイプの防水シート(テープ)です。

 

 

 

 

 

 

こうしておくことで万一雨が下地の中に浸入しても

 

 

 

 

 

 

室内への雨漏りを防げるようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

これはケイミューのルーガという

 

 

 

 

 

屋根材の棟や壁際の部分に使用しています。

 

 

 

 

こんな感じです。

 

奈良市 乾式自在面戸1

 

 

 

 

普通であれば漆喰やモルタルを詰める箇所に使用します。

 

 

 

 

 

 

屋根材の形状にピッタリフィットする伸縮素材。

 

 

 

 

 

 

しかも、熱、湿気、紫外線、酸性雨などにも

 

 

 

 

 

耐える優れた耐候性をもった塗装アルミニウム製です。

 

 

 

 

奈良市 乾式自在面戸2

 

 

この商品の特長として

 

 

 

 

①軽い

 

 

モルタルや漆喰よりも断然軽いです。

 

 

 

 

 

 

 

②作業性が良い

 

 

自由自在に伸縮するので小さなすき間を埋めたり、

 

 

曲がった部分でも作業できます。

 

 

 

 

 

 

 

③素材の対候性が高い

 

 

雨風に耐えうる素材をしているので、

 

 

 

 

 

万一雨水が浸入して雨漏りを防ぎます。

 

 

 

 

 

二重にも三重にも慎重に対策を講じておくことで

 

 

 

 

雨漏りを防ぐことができます。


 
 
 

 

 

下地を作りましたので、その上に防水シートを張ります。

 

 

 

 

 

 

その上にガルバリウム鋼板系の金属屋根を張りますが、

 

 

 

 

 

 

万一屋根材の中に雨が進入しても、

 

 

 

 

 

 

この防水シートを敷いておけば、

 

 

 

 

 

 

この防水シートの上を通って外へ出るようにしています。

 

 

 

 

 

 

風や雨が強い台風や異常気象の場合にも、

 

 

 

 

 

 

雨漏りしないようにします。

 

 

 

 

 

では防水シートを張ります。

 

奈良市 防水シート張り1

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良市 防水シート張り2

 

 

 

今回使用している防水シートは

 

 

 

 

 

セーレン株式会社のルーフラミテクトZです。

 

 

 

 

 

特長として、

 

 

 

衰えない止水力

 

 

 

30年後相当でも高い止水力を保持します。

 

 

 

 

 

 

 

 

目次3 保証15年のガルバリウム鋼板の屋根材を張る
 
 
 
 
 
 
 
 
ガルバリウム鋼板の屋根工事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはニチハの横段ルーフαSという商品でして、

 

 

 

 

 

 

 

メーカー保証が15年も付いているものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガルバリウム鋼板 横段ルーフαS

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の特長として、

 

 

 

 

とにかく軽い!

 

 

 

 

 

屋根材の裏側に断熱材が入っているため、

 

 

 

 

 

その断熱材がクッションとなり

 

 

 

 

 

遮音性を高めてくれます。

 

 

 

 

 

また断熱材も一緒に設置されているので、

 

 

 

 

 

 

冬の断熱効果も期待できます!

 

 

 

 

 

そんないいことづくしの横暖ルーフです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では工事に戻ります。

 

ガルバリウム鋼板 横段ルーフαSを張る1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガルバリウム鋼板 横段ルーフαSを張る2

 

 

 

 

 

 

 

ガルバリウム鋼板 横段ルーフαSを張る3

 

 

 

 

 

 

 

 

ガルバリウム鋼板 横段ルーフαSを張る4

 

 

 

 

 

 

 

完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存の瓦との取り合いも板金で塞ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

角のケラバも完成しました。

 

三重県名張市 ガルバリウム鋼板張り3

 

 

 

これで終了です。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スマイルロゴ

 


記事一覧へ