伊賀市 失敗しない外壁塗り替えは1回目の下塗りが適正

三重県伊賀市T様の外壁塗り替えリフォーム工事です。
今回は1回目の下塗りになります。失敗しない塗り替えのポイントの1つがこの下塗りが適正であることです。

三重県伊賀市T様外壁塗り替えリフォーム工事
外壁がサイディング壁ですので水性のカチオンシーラーを塗装します。仕様書には一定の面積に対する塗布量や乾燥時間が書いていますので、その通りに進めます。当たり前のことですが、それをできていない職人もいます。
三重県伊賀市T様外壁塗り替えリフォーム工事
劣化が激しいと塗料の吸い込みがありますので、その吸い込みがある程度無くなるまでは塗装します。そうしないと次の中塗りや上塗りをしても吸い込みがあれば塗りムラができて、結果的に長持ちしなくなります。
三重県伊賀市T様外壁塗り替えリフォーム工事
外壁塗り替えリフォームは通常は3回塗りで、1回目を下塗り、2回目を中塗り、3回目を上塗り塗装と言います。今回は1回目の下塗りになります。ちなみによく言われているシリコンやフッ素といった塗料は中塗り以降に出てきます。下塗りはこの中塗り以降の塗料と外壁とを密着させたり、下地を強化する大切な役目を果たします。なので重要な工程になります。
三重県伊賀市T様外壁塗り替えリフォーム工事
三重県伊賀市T様外壁塗り替えリフォーム工事
下塗りの工程で手を抜かれると失敗する確率が上がります。塗料メーカーの耐用年数は下地が綺麗な状態であることが条件になります。下塗りや下地調整である程度綺麗な状態にして初めて耐用年数通りに長持ちすることになります。そのことからも下塗り塗装が重要な工程になります。塗装会社や職人を選ぶ時の参考にして下さい。

これで終了します。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スマイルロゴ


記事一覧へ