奈良県橿原市 築30年以上のセキスイ屋根から雨漏り修理

奈良県橿原市のI様の雨漏り調査と

 

 

 

 

雨漏り修理の詳細をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

 

 

①雨漏り調査・屋根調査

 

 

②雨漏り修理

 

 

 

 

 

 

 

①雨漏り調査・屋根調査

 

 

 

2階が浴室で、その壁から漏れているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイディング壁が浮いてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

早速屋根から見ます。

 

 

赤い矢印が2階のお風呂あたりです。

 

 

 

 

 

 

 

怪しい箇所を発見。

 

 

この板金の雨仕舞は???

 

 

 

 

 

 

 

反対側も同じ形状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

その他板金のつなぎ目の

 

 

 

シーリング(コーキング)も切れています。

 

 

 

 

 

 

 

次に中から見ます。

 

特に問題無さそうです。

 

 

ですが、ここがかなり怪しいので、

 

ここの壁だけを解体することを許可頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

すると、下地が完全に腐っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

再度屋根に登って確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを開けて見ると

 

 

穴が空いていました。

 

 

 

 

 

 

念のためそこに水をかけると、

 

 

 

すぐに水が内部に漏れてきました。

 

 

 

これで原因が分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1か所雨漏りしていますが、

 

 

 

そこの調査はハシゴでは危険なため、

 

 

 

足場を組んでからになりました。

 

 

 

 

 

足場を組みます。

 

 

 

 

 

 

ここから雨漏りしているかもしれませんので、

 

 

 

足場を組み立ててからここに水をかけました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとすぐに雨漏りしました。

 

屋根の板金と外壁の重なりしろが浅いことが原因ですね。

 

これだけ浅いと少し風が吹くと壁の中に雨が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②雨漏り修理

 

 

 

直接シーリング(コーキング)することで、

 

 

 

すき間を埋めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベージュ系のシーリングを打ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて屋根の雨漏り修理です。

 

 

前回の調査で穴が空いていた箇所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを埋めて、かつ板金で重ねました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じような形状になっている箇所は

 

全て板金で重ねました。

 

 

 

 

 

 

 

 

元々の板金のシーリング(コーキング)が切れている

 

箇所も修理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで雨漏り修理は完成しました。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スマイルロゴ

 


記事一覧へ