【雨漏りの原因・雨漏りの修理方法の公開】奈良県宇陀市・桜井市・橿原市・香芝市・奈良市、三重県名張市・伊賀市・津市皆様のお得な情報です!その2

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

さて早速先日の続きです。

 

 

雨漏りの原因として屋根の続きです。

 

 

 

 

 

セメント瓦の防水切れ

 

地瓦清掃前 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

セメント瓦(洋瓦、モニエル瓦)の防水切れ

大屋根

 

 

 

 

セメント瓦は表面を塗装で防水しているため、

 

 

 

その防水が切れると

 

 

 

瓦そのものから水が染み込むケースもあります。

 

 

 

だいたい防水の耐久性は10年くらいです。

 

 

 

藻や汚れが付着すると切れているサインです。

 

 

 

 

 

修理の方法は

 

 

瓦の塗装か葺き替えになります。

 

 

 

費用は30万円~となります。

 

(足場費用は含みません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレート屋根の防水切れ

 

RIMG0295

 

スレート屋根も表面は塗装で防水されています。

 

 

 

写真は表面の塗膜が剥離している現象で、防水は切れている状態。

 

 

 

防水が切れると雨水が染み込みます。

 

 

 

特に屋根の勾配が緩いものは要注意です。(屋根勾配3寸等々)

 

 

 

メンテナンス方法は塗装か葺き替えになります。

 

 

費用は18万円~になります。

 

 

足場費用は含みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴミや藻や旧塗膜による毛細管現象

24732f4857fc3db74327fbd534620e1f

 

毛細管現象により屋根材と屋根材の重なりあう箇所に

 

 

 

発生する藻やゴミが雨水を吸い込み、内部に浸入させてしまいます。

 

 

 

 

毛細管現象について詳しく知りたい方はコチラです。

 

 

 

 

 

メンテナンス方法は塗装か洗浄か葺き替えです。

 

 

 

こちらも費用は18万円~です。

 

 

 

足場費用は含みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

棟板金の浮きや釘の外れ

2a0719b51b62896f049f843b4d342154

 

 

 

台風や強風で飛んだり、ズレるケースが多いのが棟板金。

 

 

 

これが外れると屋根の下地が見えます。

 

 

 

 

また棟板金の継ぎ目を留めている釘が浮いたり、抜けたりします。

 

 

 

その小さな穴からも雨水は浸入します。

 

 

 

メンテナンス方法はビスの打ち直しと

 

 

 

シーリング剤の充填または棟板金の交換です。

 

 

 

費用は5,000円~です。

 

 

 

 

以上が屋根まわりの雨漏りの原因です。

 

 

IMG_1646

 

 

雨漏りを放っておくと

 

 

 

屋根の下地や柱にまで水が入り込み、

 

 

 

結果腐る原因になります。

 

 

 

そうなると費用がかかるケースが多いですね。

 

 

 

ですので、早め修理することをお勧めします。

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。


記事一覧へ