【屋根工事・屋根リフォーム・雨樋交換】奈良県桜井市N様邸 防水シートと屋根材の張り付け工事

いつもブログを読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

桜井市N様の屋根工事の続きですが、

 

 

 

今日は防水シート(ルーフィング張り)と

 

 

 

屋根材(コロニアル遮熱グラッサ)の張り付けです。

 

 

 

 

まずは防水シートからです。

img_0841

 

 

 

 

軒先から張っていきます。

img_0838-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

 

 

 

 

img_0845

 

これで防水シートは完成です。

 

 

万一雨が入り込んでも防水シートがあるので、

 

 

下地や家の内部まで雨水を浸入させません。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて本体の屋根ですね。

 

 

これはケミューのコロニアル遮熱グラッサという商品です。

 

 

 

ちなみにケミュー株式会社とは

 

 

 

クボタとパナソニックが共同で出資してできた会社です。

 

 

 

 

以下はケミューのホームページからの抜粋です。

 

(コロニアル遮熱グラッサの特徴です)

 

IMG_1647

 

 

 

対候性の高さは、厳しい試験でも実証済みです。

 

 

 

グラッサコートの優れた対候性は、各種の試験でも実証されています。

 

 

 

 

中でも、紫外線照射と散水を組み合わせ、短時間で長期の対候性を調べる

 

 

 

 

「超促進対候性試験(メタルウェザー試験)」においては、

 

 

 

 

30年相当でも色変化はほとんど目立たないという結果が出ました。

 

img_05

 

30年も持つ商品なら安心ですよね。

 

 

 

 

 

ではこの商品を張り付けていきます。

 

img_0842-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

 

 

 

 

 

img_0844

 

 

 

 

 

 

 

軒先から張っていきます。

img_2917

 

 

 

 

 

 

 

img_2916

 

 

 

 

 

img_0853

 

 

 

 

 

 

 

棟板金を付けて屋根は完成です。

img_0940

 

 

 

 

 

 

 

 

壁際の水切りのコーキング(シーリング剤充填)をして完成です。

img_0945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨樋の交換前です。

cimg4484

 

 

 

 

 

 

 

 

雨樋の交換後です。

cimg4895

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


記事一覧へ