名張市 軽い強い30年長持ちするルーガで屋根リフォーム

三重県名張市O様の屋根の葺き替え工事の続きです。軽い強い30年も長持ちするルーガを葺いていきます。

谷樋を打っていきます。

cimg1088

屋根瓦の窪みに谷樋をつくり、雨が流れやすいようにします。

cimg1089

雨樋とつなげます。

次に瓦を積んでいきます。

cimg1087

今回の屋根瓦はケミューのルーガ(鉄平)ですね。

このルーガがなかなかいい商品なんです!

(以下はケミューのHPより抜粋したものです)

特徴1   地震に有利

pic_rooga1_01

通常の瓦と比べると半分くらいの重さになります。

地震の揺れには軽い屋根のほうが有利です。

特徴2   台風に強い

pic_rooga5_02

ケミューの社内実験で風速60m/sの実験を行ない、瓦の飛散はありませんでした。

特徴3   衝撃に強い

pic_rooga2_01

大人が金槌で衝撃を与えても割れません。

特徴4   キレイで長持ち

pic_rooga3_01

瓦の表面に特殊な塗膜があるため、30年経っても色落ちがしにくいですね。

以上がルーガの特徴です。

普通の瓦よりも少し高いですが、価値はあると思います!

さて、工事に戻りますね。

ルーガを積んでいきます。

cimg1086

棟(屋根が重なる三角の頂上のところ)は残します。

cimg1101

今日はこれで終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

さらに詳しく雨漏りについて知りたい方はコチラです。

smilelogo02_ol

 


記事一覧へ