【屋根修理・雨漏り修理】三重県津市S様邸 雨漏り修理工事(現地調査)

津市のS様の雨漏りの調査についてお伝えしますね。

 

 

 

 

 

20年前に増築されて、

 

 

 

 

 

その継ぎ目から雨漏りがすると連絡が入り

 

 

 

 

 

早速現場に行きました。

 

shindan2

 

 

 

 

 

 

まずはいつも怪しい銅製の谷樋からチェックします。

cimg0150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

cimg0152

劣化していますが、雨漏りの心配はないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に棟瓦をチェックします。

cimg0151

前の増築の時の業者にお願いしたら

 

 

 

 

 

棟の瓦のすき間を埋めるようにコーキングをされたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

この処置方法(前の業者が行なったコーキング)が

 

 

 

 

 

正しいかどうかは置いておいて、

 

 

 

 

 

 

 

ここから雨漏りする確率は少なそうですね。

 

 

 

 

 

続いて壁際をチェックします。

cimg0146

 

 

 

 

 

一見問題が無さそうに見えます。

 

 

 

 

 

cimg0148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念のために雨戸の戸袋を外して壁際の水切を見ますと

cimg0673

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁際の水切り板金にすき間が開いてました。

cimg0674

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

cimg0675-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

これでは外壁に流れた雨水は

 

 

 

 

このすき間から室内に流れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

増築をした業者の完全な手抜き工事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

本来はこの水切り板金を外壁の内側に入れるか、

 

 

 

 

 

 

最低でも水切と外壁のすき間をコーキング剤で埋めて、

 

 

 

 

 

 

雨が入らないようにするのが一般的です。

 

 

 

 

 

 

残念ながらこの増築業者は潰れて無くなっていますので

 

 

 

 

 

 

保証もしてもらえない状況でした。

 

 

 

 

 

 

無念です。

 

 

 

 

可愛そうです。

 

 

 

 

 

 

写真で現状と対策の提案をしましたところ、

 

 

 

 

 

 

工事を任せてもらえるようになりました。

 

 

 

 

 

 

次回は雨漏り修理工事の内容をお伝えしますね。

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

smilelogo02_ol

 


記事一覧へ