【外壁塗装・外壁修理・木部塗装】奈良県宇陀市U様邸 外壁塗り替え工事の詳細です。

宇陀市U様の外壁塗装工事の詳細をお伝えしますね

 

 

 

 

 

 

まずは工事前に外壁診断をしました。

shindan2

 

 

 

 

 

 

 

 

東西南北の外壁を調査します。

cimg5294

 

 

 

 

 

 

壁に傷がありました。

 

 

 

 

 

 

U様のご主人が修理されたそうです。

cimg5302

 

 

 

 

 

 

 

チョーキング現象ですね。

cimg5306

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁に幅が0.5ミリ以上の傷がありました。

cimg5304

 

国土交通省の長期優良住宅化リフォームのガイドラインの中に

 

 

 

 

0.5ミリ以上の幅の傷は修理するように促されています。

 

 

 

 

また木部の塗装も剥げています。

 

 

 

 

 

雨樋の塗膜も取れていますね。

cimg5299

 

 

 

 

 

全体的にチョーキング(白亜化)もしていますので、

 

 

 

 

 

壁の防水効果もかなり落ちている状況でした。

 

 

 

 

 

ちなみにチョーキングとは

 

 

 

 

外壁を手のひらで触って粉がつくことを言います。

 

 

 

 

これが塗膜の劣化の始まりのサインですね。

 

 

 

 

 

 

 

そのような内容を伝えましたところ

 

 

 

 

 

外壁と木部と雨樋の塗装の工事をすることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では工事に入りますね。

 

 

 

 

 

 

まずは足場の組み立てからです。

cimg5757

 

 

 

 

 

 

 

次に洗浄ですね。

cimg5745

 

今までの何十年もの汚れをきっちり落とすことが重要です。

 

 

 

 

 

 

この工程で塗料の密着度合、

 

 

 

 

 

 

長持ち度合が変わってきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に養生です。

img_3115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_3123

 

 

塗装しないところに塗料がつかないようにするために

 

 

 

 

 

 

この養生シートを張っていきます。

 

 

 

 

 

 

これを丁寧にするかどうかで仕上がりに差が出ます。

 

 

 

 

 

IMG_1647

 

 

 

 

外壁塗装の工事は塗装そのものも大切な工程ですが、

 

 

 

 

 

 

塗装する前の洗浄や養生といった工程を如何に丁寧しているかで

 

 

 

 

 

 

長持ちするかどうかや、

 

 

 

 

 

見た目の美しさが変わってきます。

 

 

 

 

 

地味かも知れませんが、

 

 

 

 

 

この小さなことの積み重ねがすごく大切なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に外壁塗装に入ります。

 

 

 

 

 

 

通常は合計で3回塗装し、

 

 

 

 

1回目を下塗り、

 

 

 

 

2回目を中塗り、

 

 

 

 

3回目を上塗りと言います。

 

 

 

 

 

この1回目の下塗りが塗装のポイントになります!

 

 

 

 

painti

 

 

 

この下塗りの役割として

 

 

 

 

 

①現在の劣化した外壁を強化

 

 

 

 

②小さな傷等を埋める

 

 

 

 

③2回目の塗料との密着性を高める

 

 

 

 

 

と主にこの3つが下塗りの役割になります。

 

 

 

 

ですので、モノ凄く大切なんです!

 

IMG_1646

 

でも残念ですが、

 

 

 

 

 

ここを手抜きする業者もいますので注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

では工事に戻りますね。

 

 

 

 

 

 

 

下塗り(1回目)塗装です。

p1030118

 

 

 

 

 

白く塗られているところが下塗りをした箇所です。

 

 

 

 

 

p1030119

 

 

 

 

下塗り後、乾燥させます。

 

 

 

 

 

ここも大切なポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に中塗り(2回目)塗装です。

p1030121

 

 

 

 

 

白いところが下塗り(1回目)の塗料で、

 

 

 

 

 

ベージュ色が中塗り(2回目)の塗料です。

 

 

 

 

 

p1030123

 

 

 

 

 

 

 

中塗り後、乾燥させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて上塗り(3回目)塗装です。

p1030125

 

 

 

 

 

最後は手塗りです。

 

 

 

 

p1030126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて木部の塗装に入ります。

p1030115

 

 

 

 

 

 

 

完成しました。

p1030113

 

 

 

 

 

 

 

全て終了しました。

 

 

 

 

完成後です。

5720

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

smilelogo02_ol

 


記事一覧へ