【屋根の種類】スレート瓦(カラーベスト屋根)の修理と塗り替え

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

さてスレート瓦についてですが、

 

 

 

種類は天然スレート、無石綿スレート、

 

 

 

セメント系スレート(コロニアル・カラーベスト)とある中、

 

 

 

 

最近の主流はセメント系のコロニアルやカラーベストですね。

 

 

 

 

 

 

セメント系スレート(コロニアル・カラーベスト)

 

RIMG0078

 

 

 

 

 

 

 

 

ケミューのコロニアルクアッド(平型)

CC262_C_200

 

 

 

 

 

 

 

CC293AW_C_200

 

 

 

 

セメントと繊維を高温高圧下で

 

 

 

 

プレスし成形した板状のスレートに

 

 

 

 

 

 

着色剤で着色していきます。

 

 

 

 

この塗装や表面の仕上げの材料で

 

 

 

 

長持ち度合いが変化します。

 

 

 

 

 

新築当初に何も言わなければ、

 

 

 

 

 

ほとんどは安価で耐久性の良くないものが

 

 

 

 

 

使用されているかと思います。

 

 

 

 

 

また、形は一般的な平型や波型や

 

 

 

 

 

 

 

 

特殊な形状のものも出てきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ではこのようなスタイリッシュな形状もあります。

 

 

NP752G_C_200 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NP923G_C_200

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁と比較すると、紫外線や雨風や雪にさらされている

 

 

 

 

 

 

屋根のほうが断然過酷な環境と言えますが、

 

 

 

 

 

 

最近では耐久性の強い素材を使用しているので、

 

 

 

 

 

 

20年放っておいても必ずしも雨漏りを起こす訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、表面に付着した藻やカビやコケなどにより

 

 

 

 

 

 

屋根材と屋根材のすき間にゴミが溜まってしまうと、

 

 

 

 

 

 

毛細管現象により、そこから雨水を吸い込んで下地の合板の腐食や

 

 

 

 

 

 

雨漏りの原因となってしまうケースもあるので、

 

 

 

 

 

 

足場を立てる際は、同時に点検やメンテナンスを

 

 

 

 

 

 

 

 

するほうが安心でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※毛細管現象とは、簡単に言えば水を吸い込む現象です。

 

 

 

 

 

 

 

雨漏りの原因を理解する上で、

 

 

 

 

 

 

 

 

の現象を知って頂くことが大事ですので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し説明させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

植物もそうですが、土の中にある根が水を吸い上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これも毛細管現象の一種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し実験します。

 

 

 

コップにグレープジュースを入れて、

 

 

 

上からティッシュを近づけます。

 

CIMG1111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ミリ~2ミリ程度濡らします。

 

CIMG1115

 

 

 

 

 

 

たった1ミリ~2ミリ程度濡らしただけなのに、

 

 

 

 

 

 

8センチほど濡れています。

 

 

 

 

 

 

しかも重力に逆らって下から上に水が吸い上がりました。

 

 

CIMG1122

 

 

 

 

 

 

 

 

これが毛細管現象で、

 

 

 

 

 

雨漏りの原因になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

数十年経ったスレート瓦とスレート瓦の重なった箇所に

 

 

 

 

 

 

 

藻やコケやその他の不純物が付着してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この付着物が水を吸い上げる原因になります。

 

 

K様屋根

 

 

 

 

 

先ほどの実験で言うと、

 

 

 

 

 

藻やコケがティッシュと

 

 

 

 

 

 

同じ役割を果たすことになります。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、この藻やカビやコケといった付着物が

 

 

 

 

 

 

 

 

重なりあった部分のすき間(通気のための溝)を埋めてしまうことで、

 

 

 

 

 

 

 

 

浸入した水分の逃げ場を失くしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると浸入した水分の行き場がなくなり、

 

 

 

 

 

 

 

 

野地板(下地)の合板を傷める原因にもなります。

 

 

 

(一度水が通ってしまうと、水が通る道ができます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

これが進行すると雨漏りとなるケースが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、具体的なメンテナンス時期と方法についてですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

症状は経年による変色、反り、ひび割れ、

 

 

 

 

 

 

 

藻やカビやコケといった不純物の付着、

 

 

 

 

 

 

 

塗膜の劣化やチョーキング(白亜化)等々が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変色(色が飛んで薄くなっている状況) 

 

 

 

 

7年~10年くらいで症状として現れます。

 

 

109

 

 

 

 

 

 

 

 

塗膜の劣化、チョーキング(白亜化)、

 

 

 

 

 

不純物の付着

 

 

 

 

 

10年~15年くらいで症状として現れます。

 

RIMG0295

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひび割れ

 

宇陀市O様

 

 

 

 

 

 

 

それでは具体的な補修方法ですが、

 

 

 

 

屋根の塗装(塗り替え)か屋根のカバー工法(重ね葺き)か

 

 

 

 

 

屋根の葺き替えになってきます。

 

 

(費用は塗装→カバー工法→葺き替えの順に高くなります)

 

 

 

 

 

 

ここでは塗り替えについてご説明しますね。

 

 

 

 

 

 

 

塗り替えで一番大切な工程の下地処理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

高圧洗浄

 

3 洗浄

 

 

 

 

 

 

何十年もの汚れ、表層の劣化した旧塗膜、

 

 

 

 

 

藻やカビやコケといった不純物を

 

 

 

 

 

しっかりと除去することで、

 

 

 

 

 

新しい塗膜の密着力を強くし、

 

 

 

 

 

 

 

塗料本来の効果を発揮させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また小さなひび割れはシーリング剤の充填で補修しますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな割れについてはスレート瓦の差し替えになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて1回目の塗装の下塗りです。

 

4 屋根下塗り塗装(3回塗りました)

 

 

 

 

 

 

 

通常はシーラーを塗りますが、

 

 

 

 

 

 

屋根の傷み程度によってこの下塗り材は変わります。

 

 

 

 

 

 

 

大きく分けて水性、弱溶剤、溶剤(油性)とあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

油性になるほど密着性が高くなります。

 

 

 

 

(ちなみにこの家はシーラーだけで3回塗りました。

 

 

 

 

塗料の吸い込みが止まらなかったためです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中塗り(2回目塗装)と上塗り(3回目塗装)です。

 

 

5  屋根中塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は手塗りです。

 

6  屋根上塗り

 

 

 

 

 

 

屋根塗装(塗り替え)の注意点ですが、

 

 

 

 

これだけしっかりと塗装を行ないますと、

 

 

 

 

1枚1枚のスレート瓦が塗膜で密着してしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

このままですとスレート瓦の間に

 

 

 

 

 

 

ゴミが入ってしまっている状況と同じで、

 

 

 

 

 

雨が降った時に“毛細管現象”を起こし、

 

 

 

 

 

雨漏りの原因になってしまいます。

 

 

 

(毛細管現象は先ほどご説明しましたので省略します。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなことにならないように、

 

 

 

 

 

重なった部分を1枚1枚切る

 

 

 

 

 

 

 

“縁切り”という作業が重要になります。

 

宇陀市F様縁切り

 

 

 

 

 

 

 

また縁切りによってスレート瓦を傷つけてしまうケースもあるので、

 

 

 

 

 

縁切り部材である“タスペーサー”を重なり部分に差し込むことで

 

 

 

 

 

 

すき間が確保されて、通気性が保たれた状態が確保されます。

 

 

 

 

 

 

タスペーサー設置

 

名張市E様

 

 

 

 

 

 

縁切りにするかタスペーサーを付けるかは現場で判断していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上でスレート瓦の補修と塗り替えについては終了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

その他の気になることもお答えします!

 

価格の目安や相場について・・コチラから

 

 

 

外壁診断・赤外線診断について・・コチラから

 

 

 

オススメの塗料について・・コチラから

 

 

 

カラーシュミレーションについて・・コチラから

 

 

 

サイディングの補修と塗装について・・・コチラから

 

 

 

モルタル(セメント)外壁の補修と塗り替えについて・・・コチラから

 

 

 

雨漏りの補修方法と費用について・・・コチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


記事一覧へ