【外壁の種類】サイディングボード(外壁)の補修と塗り替え

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

さて早速サイディングボードについてですが、

 

 

 

 

 

現在日本で多く使用されているのが

 

 

 

 

 

 

窯業系サイディングと

 

 

 

 

 

属系サイディングの2つになります。

 

 

 

 

 

 

 

その中でも一番多いのが窯業系サイディング。

 

 

 

 

 

「窯業系サイディング」

 

MFX168J_img

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MFX152J_img

 

 

 

 

 

 

 

MFX754J_img

 

 

 

 

 

この窯業系サイディングはセメント質と繊維質が原料でして、

 

 

 

 

 

 

コストパフォーマンスや意匠性が高く、

 

 

 

 

 

タイル風や石目調やレンガ調といった

 

 

 

 

 

 

種類が多いことで広く普及されています。

 

 

 

 

 

 

このサイディングはセメントなどの原料を

 

 

 

 

 

釜で圧力をかけながら高温で成形しますが、

 

 

 

 

 

 

その時点では色がついていないため

 

 

 

 

 

工場や現場で塗装します。

 

 

 

 

 

 

 

通常何も言わなければ表面の塗料は

 

 

 

 

 

安くて長持ちしないものが多く、

 

 

 

 

 

 

7年から10年くらいの間に補修や塗り替えが

 

 

 

 

 

 

必要になってくるものが多いです。

 

 

 

 

 

 

ただ、新築の時に親水性や光触媒の塗料が

 

 

 

 

 

塗布されたものであれば、

 

 

 

 

 

 

15年や20年も持つものもありますが、

 

 

 

 

 

 

その分最初のコストが2割から3割くらい高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてメンテナンス時期や方法についてですが、

 

 

 

 

 

 

まず最初にサイディングの継ぎ目である目地の部分の

 

 

 

 

 

 

シーリング剤(コーキング剤)の劣化が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

早ければ4年から6年くらいで汚れてきたり、

 

 

 

 

 

 

割れや剥離といった症状も見られます。

 

exceed_taikou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exceed_taikyuu

 

 

 

 

またサイディングそのもののチョーキング(白亜化)や

 

 

 

 

 

割れといった劣化現象も10年前後で現れてきます。

 

 

 

 

 

 

チョーキング現象

 

壁や屋根を触ると粉状のものが

 

手につく現象のことを言います。

img5_A

 

 

 

 

 

少しだけメカニズムに触れますと、

 

 

 

 

塗料は3つの成分に分かれていまして、

 

 

 

 

 

色を付ける“顔料”と外壁を長持ちさせる“樹脂(合成樹脂)”と

 

 

 

 

 

それらがうまく機能したり作業効率を上げる“添加剤”であります。

 

 

 

 

 

 

長年の紫外線や雨風等で外壁が傷み出すと

 

 

 

 

 

樹脂や添加物の成分が落ちてきて、

 

 

 

 

 

結果元々粉状であった顔料が

 

 

 

 

 

表面に浮き出てくるといった現象のことを

 

 

 

 

 

 

チョーキング現象と言います。

 

 

 

 

 

 

ですので、この現象が起こるということは塗料の劣化が

 

 

 

 

 

始まっていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

サイディングの割れ

E5A496E5A381E589B2E3828CE291A1-cf363

 

 

 

 

 

表面の割れ程度であれば、

 

 

 

 

 

家の柱等に与えるような

 

 

 

 

家全体の劣化の影響は少ないですが、

 

 

 

 

 

 

サイディング本体の寿命は確実に早くなります。

 

 

 

 

 

放置しておくとメンテンスの費用が高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

では具体的な補修方法ですが、

 

 

 

 

 

目地(継ぎ目)のシーリング剤の劣化と

 

 

 

 

 

サイディングの割れの補修については

 

 

 

 

 

シーリング剤の打ち替えや充填が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

既存の目地のシーリング剤を撤去して、

 

 

 

 

 

養生テープを張った写真です。

5シール養生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーリング剤を充填した後です。

6シール打ち替え完成

 

 

 

 

 

 

 

余談になるかもしれませんが、

 

 

 

 

このシーリング剤にも種類が多数あり、

 

 

 

 

長持ちするものやそうでないものもあります。

 

 

 

 

 

当然何も言わなければ、

 

 

 

 

 

安くてそれなりの物を使用されていると思います。

 

 

 

 

 

 

高耐久シーリング剤の詳細はコチラです

 

 

 

 

 

 

またチョーキング現象の解消は

 

 

 

 

主に塗り替えが多いです。

 

 

 

 

 

塗装前

7643

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装後(奈良県宇陀市M様邸)

7644

 

 

 

 

 

塗り替える場合、現状の傷み具合によって、

 

 

 

 

 

上塗りの材料を水性か

 

 

 

 

弱溶剤にするかを使い分けます。

 

 

 

 

 

傷みが激しい場合は弱溶剤、

 

 

 

通常の傷みなら水性塗料を使用します。

 

 

(上塗り剤には水性、弱溶剤、

 

 

溶剤と分けられ、溶剤は油性塗料を言います)

 

 

 

 

 

 

 

 

また主成分である樹脂の選び方で

 

 

 

 

 

値段や耐久年数にも影響が出てきます。

 

 

 

 

一般的にアクリル樹脂、ウレタン樹脂、

 

 

 

 

 

シリコン樹脂、フッ素樹脂と

 

 

 

 

 

4つに分かれていまして、

 

 

 

 

フッ素になると高くなりますが、その分長持ちします。

 

 

 

 

 

(詳しくは下の“価格の目安や相場について”からご覧ください)

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

少しでも良い塗装ができますように!

 

 

 

 

 

 

その他の気になることもお答えします!

 

価格の目安や相場について・・コチラから

 

 

 

スレート瓦(カラーベスト)の補修と塗り替えについて・・・コチラから

 

 

 

モルタル(セメント)外壁の補修と塗り替えについて・・・コチラから

 

 

 

外壁診断・赤外線診断について・・コチラから

 

 

 

オススメの塗料について・・コチラから

 

 

 

カラーシュミレーションについて・・コチラから

 

 

 

雨漏りの補修方法と費用について・・コチラから

 

 

 


記事一覧へ